外壁塗装で美しく生まれ変わった自宅

工事の最初は足場を作る作業

契約内容がしっかりと決まり、実際に作業を行う職人達が出入りをし始めるようになった時に最初に行われたのが、高い場所の塗装を行う時に利用する足場を作る事でした。
足場は馴れた手付きですぐに組み立てられ、すぐに職人が足場を利用して次の作業が行える状態になっていたものの、雨が降っていたため本格的な作業は雨が上がってから再開されました。
最初に行われたのは、外壁材の隙間に使用されているシーリングを除去して新しいシーリングを導入していく作業であり、シーリングが安定した事を確認してから高圧洗浄機で高圧洗浄が行われました。
洗浄をした後は予定通り丸一日乾燥させる時間を設けてから下塗りや中塗りが行われ、手直しも含めた下塗りと中塗りが完了した後は上塗りを行って外壁塗装は完了となりました。
塗装を施す事を決めた壁面の粉が無くなった事はもとより、新築の時のような美しさに戻す事ができましたし、これまでとは異なる色を選定したので帰宅時や屋外で過ごしている時に、新鮮な気持ちで住み慣れた自宅を目にする事ができるようになりました。

外壁塗装に小さなひびを発見 | 近所へ挨拶周りをしてくれた | 工事の最初は足場を作る作業